早わかり!アパート経営ノウハウ集☆

TOP > アパート経営をする為の豆知識 > 副業でもできるアパート経営を成功させるには

副業でもできるアパート経営を成功させるには

アパート経営のいいところは、不労所得であるという点です。
他に仕事があってもアパート経営をすることは可能なので、副業にも向いています。
会社員をしながら、農業を営みながら家賃収入を得ることができるので、誰でも参入できる経営方法です。
特にアパートの場合はマンションと違い初期費用も安くて済み、自己資金があまりなくても始めることができます。
しかも一室ではなく一棟まるごと所有して複数家賃を得られるという仕組みが作れるので、よりリスクを少なくして経営することが可能です。
もし家賃収入が余り得られない時でも、他の仕事をしながらであれば収入がゼロになることはありません。
そのため不動産経営を始めたいのであれば、まずはアパート経営から始めてみるのが一番です。
高額所得者や親の土地を相続する人であれば、たとえ入居者があまりいなくても節税効果を得ることもできます。


副業としてのアパート経営の要となるのが、管理会社の選び方です。
管理会社は信頼できるところにしなければなりません。
信頼できる管理会社は創業年数が長かったり資本金が多いなど、しっかりと経営基盤を築いているところです。
また、家賃を滞納された時に立て替え払いしてくれる期間が長ければ長いほど、アパート経営のリスクを減らすことができます。
実際に管理している戸数や、入居の管理から家賃の催促までトータルでサポートしてくれるかどうかを見てみましょう。
アパート経営では空き室リスクの心配がよく言われていますが、空き室保証サービスもついていれば安心です。
完全な赤字になることなく経営することができます。
そうしたサービスを本当に実行しているかどうかや、制約がないかどうか確かめてから決めましょう。


アパート経営の成功は何といっても最初の物件選びです。
もちろん、親の相続税対策などであれば話は別ですが、本気で空き室を押さえて家賃収入を上げたいのであれば、最初のマーケティングが成功の分かれ目となります。
アパートを建てる土地のリサーチ、その地域の需要をよく調査するようにしましょう。
不動産会社がそのサポートをしてくれるかもしれませんが、実際に自分で情報を集めることも大切です。
アクセスがいいかどうか、その地域に住みたいと思っている人が求める住居はどのようなものかを考えてみます。
スーパーなど周辺の商業施設、公共施設も重要なポイントになります。
また、自分で調べるのも限界があるので、ノウハウを熟知していてよく教えてくれる不動産担当者を味方につけておくことも成功の秘訣です。

次の記事へ

TOPへ戻る