早わかり!アパート経営ノウハウ集☆

TOP > アパート経営をする為の豆知識 > アパート経営は長期耐久レースでの商売だから

アパート経営は長期耐久レースでの商売だから

近頃は自分が所有している建物を他人に貸す賃貸住宅経営をする人が多くなりました。
その賃貸住宅経営ではマンション経営とアパート経営という両方の言葉が存在しています。
いずれも集合住宅を貸してることに変わりはありませんが、まず最初はこの言葉の違いを把握しておかねばなりません。
マンション経営というのは建物の全部ではなくて、そのうちの1区画を購入して貸し出す商売です。
対してアパート経営というのは集合住宅の全部を買って、それを全部貸し出す商売です。
なおアパート経営は必ずしも日本の不動産業者が定義する言葉の建物でなければならないわけではなく、いわゆる鉄筋コンクリートでできたマンションもそのうちに含まれます。
そのため集合住宅の全部分を買って貸し出すために、その資金規模も建物管理も大きくなってきます。


そのアパート経営をする場合には最初に莫大な初期投資をしておき、入居者を募集して長年かけて資金を回収していくので、開業前から綿密な資金と建物管理とリスク対策などが要求されます。
まず最初は建物を購入する場所の選定となります。
というのは場所次第で借りる需要が異なってくるからです。
一般的には駅に近いほど有利だといわれますが、その土地勘を知らないまま買ってしまうと失敗する可能性を大きくしてしまいます。
なので土地勘のあるエリアに絞り込むほうがリスク対策になります。
次に注意することは利回りの数字ばかりを重視してしまうことです。
しかし世の中は次々と状況が変化しています。
新手の新築が次々登場してくるし、自ら抱えてる建物は老朽化するなどするからです。
結果としてその利回りの数字も変化してしまうことになります。


そのアパート経営では初期投資回収の戦いと同時に、新たに発生する建物の老朽化との戦いでもあります。
建物が老朽化してくるので、その分の修繕対策費を別途用意する必要に迫られます。
またきれいに保つために日ごろの清掃管理も欠かせません。
それと同時に入居者からはいろんなクレームや問い合わせなどもやってくるので、嫌な顔することなくの対応も必要になります。
もし露骨に嫌な態度が表目に出ると、それのために空室が増えてく原因の1つになってしまいます。
最後に注意することは節税対策の問題です。
アパート経営をすることで建物の減価償却費などを経費として計上することができます。
それによって所得税などの税金を減らすことも可能となります。
けどこの商売は莫大な資金発生との戦いでもあり、赤字経営で苦しんでる人も多く存在しています。
もし赤字経営にでもなれば税金対策以上に金融機関からの信用度が低下するし、貯金自体も減ってしまって自分の家計を苦しくしてしまう羽目になるからです。

次の記事へ

TOPへ戻る