早わかり!アパート経営ノウハウ集☆

TOP > アパート経営をする為の豆知識 > アパート経営の基本を学んで賢い運営をしよう

アパート経営の基本を学んで賢い運営をしよう

アパート経営をする場合に知っておきたいことの一つは、場所選びになります。
場所は、より人気のあるところが良いですがら人気のある場所の特徴は空室が出にくいメリットはあるものの、アパートを取得する場合には費用が結構かかります。
建物自体は、どの場所で建築してもあまり変わりませんが、土地にかかる費用はよい立地のところほど高くなる傾向があるでしょう。
もし、今まで何度かアパート経営をしたことがある人ならばある程度お金をかける価値はあるかもしれませんが、初心者の場合には最初から大きなお金をかけるのはあまり得策とはいえません。
初心者の場合には、可能な限り安い物件からスタートした方が良いでしょう。
アパート経営をする過程では、必ずというほどうまくいかない時があります。
その時のために安いところで練習しておきましょう。


アパート経営は、マンション経営と異なり1部屋だけ購入することは出来ません。
そのため、管理をどのようにするかが重要になります。
アパートの管理は、大きなところでは16世帯以上入居者がおり、小さなところでも4世帯ぐらいはいます。
さすがに16世帯以上入居している場合には、管理会社を選んで契約をしたうえで管理をしてもらった方が良いですが、世帯数が少ないならば自分で管理をすることも出来ない訳ではありません。
ただ、アパート経営をしていながら普段はサラリーマンをしている場合には、十分な管理をすることが出来ない可能性が高くなります。
仕事のある平日に住人の間で争いことが起こる場合もありますが、この場合には連絡が取れなくなりクレームが出る可能性も否定できませんので、管理を業者に任せた方がいいでしょう。


古いアパートの経営をする場合には、そのままの状態では空室が増える可能性がありますので、空室を減らすために工夫をしなければなりません。
空室を減らすためには、家賃を安くするかリフォームやリノベーションをする必要があります。
1番楽なのは、家賃を安くすることです。
この場合、空室が減る可能性は高くなりますが、その反面経営が苦しくなったときに家賃をもとに戻しにくくなります。
その場合には、リフォームやリノベーションをすることで空室を減らす作戦を考える必要があるでしょう。
リノベーションは、ある程度アパート経営に慣れている人が行うべきですが、リフォームに関しては初心者でも問題ありません。
リフォーム済みと不動産会社が紹介している物件に記載されるだけで空室が減りますので、その質にはあまりこだわらなくてもいいでしょう。
いかに安くリフォームするが、ポイントになります。

次の記事へ

TOPへ戻る